僕が初めて手にしたデジタル一眼レフ Nikon D5100

最近インスタグラムから当ブログに来てくれる人が増えてきて、カメラが趣味の僕としてはうれしい限りです!

 

せっかくなので好きなカメラについて語ろうと思います!


僕が初めて一眼レフの世界に入ったのは今から4年前です。D5100ダブルズームレンズキットという当時Nikon入門機の中でも中間クラスに分類されるカメラを愛用してました

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【中古】【1年保証】【美品】 Nikon D5100 Wズームキット 18-55 55-300 VR
価格:57980円(税込、送料無料) (2017/7/11時点)


 


初めての一眼レフデビューを無事果たした僕は、レンズ交換できる素晴らしさと、これからどんな写真が撮れるのだろうと胸がドキドキした覚えがあります!

当時8万くらいで買いましたが今は後継のD5300が出てるので大分中古価格も落ち着いてきてますね。

型落ちのD5100でもwifi機能が要らないのであれば十分だと思います!


ダブルレンズキットを買ったので付属レンズが

AF-S DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR
AF-S DX NIKKOR 55-300mm f/4.5-5.6G ED VR

の2本でした!

これがまぁ使える訳です(笑



18-55㎜ の広角側で撮影。結構広く撮れるし便利!今までの携帯で撮った写真とは全然違う!(そりゃそうだ!)

ブログUPレベルならホント十分です!当時感動していろんなものを撮りまくりました!



これも18-55mm で撮ったと思います!今は高性能な画像編集アプリがあるので、十分対応できるし綺麗に撮れるなぁ~と感心したものです!

何気ない風景とか、季節の移り変わりなど全く興味無かった僕が紅葉を見に行ったり花を見に行ったりするようになったのです



入門機の標準レンズなのになかなか広角に撮れちゃうじゃないですか!!

これはフルサイズのいわゆる標準画角のレンズだと24mmからなのでムズカシイところなんです
やはり18㎜の画角は面白い画が撮れるものです!しかも意外とちゃんと絞れば光芒もちょっと出てますね!(太陽の光からの線の事です)



夜景も三脚を使ってシャッター速度を遅くすれば撮れちゃいます!
入門機の標準レンズということを考えると素晴らしいですね~!値段も良心的ですし!



これも標準レンズの18mm
こうなるともっともっと広く撮りたいっ!!ってレンズ沼が待ってますね(笑

こう見るとなんで買い替えたんやろ?って思うくらい僕にはもったいない代物でしたね(汗





これは55-300mm 望遠レンズってやつです!望遠レンズですがこのレンズは全然重さを感じません(笑

ほとんど苦になることなくとり回すことが出来るので、バイクでたとえるなら、フルサイズ対応ズームレンズはリッターバイクで、AF-S DX NIKKOR 55-300mm f/4.5-5.6G ED VRは125㏄バイクみたいなもんです♪もちろんメッチャ軽い訳では無いですがこの機動力がとっても大事です!

なんせあまり重いと持って行く気が無くなるもので、いかにとり回しやすいかは重要ポイントです!



そしてこのレンズの良さは!!

なんといっても、もうひとつの僕の趣味クルマを撮る時にとってもバランスが取りやすいって所です!!



前に乗ってたスズキのアルトワークスです!可愛くて早くてお手軽でMTで超燃費イイ!いい車でした!

こんな具合に「なんとなくカッコイイ雰囲気のクルマ写真」が撮れちゃうんです♪



望遠レンズならではの、圧縮効果??ですかね??素人の僕にはよくわからんのですが

なんせ構図のバランスが取りやすいレンズです!
普段の2倍くらい自分のクルマがカッコよく撮れるんです(笑

そのせいでカメラを買ってクルマ弄りをやめる予定やったのが、クルマも結局どんどん弄る始末でした(笑

ですので


これから一眼レフ初めようと思うクルマ好きの方

に、声を大にしてレンズは


AF-S DX NIKKOR 55-300mm f/4.5-5.6G ED VR


を、オススメします(笑


 

っとついつい熱くなってD5100ダブルズームキットを絶賛してたのですが、そんな僕も今はフルサイズ機に乗り換えました

 

なぜ乗り換えを決意したのかというと


1、レンズの付け替えが意外と面倒で手軽に持ち歩くにはデカい

2、最近は綺麗に撮れるミラーレス一眼とやらが出てきて持ち出すのが億劫に

3、もっとクリアでヌルテカな写真が撮りたい

4、ちょっとでも暗くなるとすぐ三脚必須なので、暗いとこでも手持ちで撮りたい

5、同じ持ち運ぶのに躊躇するならハイスペックなカメラで気合入れて持ち歩きたい


という理由から乗り換えました!

 

 

でも今でもD5100を買って4年愛用してから、フルサイズ機に移行したのは正解だったと思います。

 

いきなりフルサイズ機を買って、あんまり写真好きになれなかったらスゴイもったいない金額が飛ぶことになるし

そもそも使い方や設定や撮れる写真のイメージが出来る前に億劫になってしまったり

重いし高価なものなので入門機より余計使う機会が少なくて、宝の持ち腐れになってたかもしれない

 

なにより入門機で不満が出てから乗り換えることで、自分が高価なフルサイズ機を買うことに納得できます(笑

 

もちろんいきなりフルサイズ機から買った方が、最終的にかかるお金は少ないです。

でもこれから一眼レフ始める方は是非入門機を中古で購入して、予算を抑えておいて一眼レフの楽しさを味わってほしいです!

 

それからフルサイズ機に移行した時の感動は、もう格別ですよ!

 

と言う感じで僕の一眼レフ生活はスタートし、現在はD750を愛機としてジャンルを問わず撮影活動を楽しんでおります!