ちょっとだけ役に立つことを♪

三田大好きYUKIが身体の事や、趣味のことでちょっと役に立つ話を発信しています!!

茜霧島のレビュー!焼酎好きになりました!

このエントリーをはてなブックマークに追加

 


f:id:T_yuki:20170628003605j:image

焼酎飲めるようになりました!yukiです!

 

今回は霧島シリーズの1つ「茜霧島」についてお話します!

 

 

 

茜霧島とは??

霧島酒造株式会社は、原料にオレンジ芋「タマアカネ(玉茜)」を使用した『本格焼酎 茜霧島(あかねきりしま)』全国の卸店を通じて数量限定で販売いたします。

茜霧島
『茜霧島』は、1916年の創業以来、長きに渡って培ってきた醸造技術をベースにしながら、研究開発から商品化に至るまで約9年の歳月を経て、これまでの本格焼酎とは異なる、まったく新しいコンセプトで開発された新商品です。
“香りを楽しむ芋焼酎”というコンセプトを掲げ、南国を思わせるような“フルーティーな香り”を特長とする商品に仕上げました。原料芋のタマアカネは高カロテンによる明るく色鮮やかなオレンジ色で、高カロテン種特有の柑橘系の香りがある焼酎を生み出します。酵母には、観賞用サツマイモ「花らんまん」の花から採取した弊社独自の「芋の花酵母」を使用し、タマアカネが持つ香りを最大限に引き出しています。「香り」「味わい」ともに、これまでの「霧島」ブランドの中で最もはなやかな芋焼酎です。

『茜霧島』は、フルーティーですっきりとした味わいから、シーフードのカルパッチョやキノコのアヒージョ、ホタルイカのマリネなど、白ワインと相性の良いお料理が食べ合わせとしておすすめです。またドライフルーツやスイーツとの相性も良く、食前、食中、食後のどのシーンでもお楽しみいただけます。

 

霧島酒造から引用

 

 

f:id:T_yuki:20170629182148j:plain

 

早速飲んでみた!

 

タマアカネという芋から作られた芋焼酎で、アルコール度数25パーセント。オレンジの芋から作られてますが、色は透明ですよ!

 

 

お気に入りのタンブラーにロックアイスをたっぷり入れて、茜霧島をゆっくりそぐ。濡れた氷が美しい!

カランカランと音を立てながらひと混ぜして、氷と茜霧島の交わりを見守りいよいよ口元へ。

一口飲むと口の中から鼻に向かって、ふわっと広がる濃いオレンジ色をした、あま~いお芋さんの香りと味わい♪

 

香りを楽しんだ後、ゆっくりとアルコール度数25パーセントを感じさせないほどのマイルドでやさしい口通りを楽しむ。

1日頑張った身体にやさしく「お疲れ様」と言ってくれるような瞬間♪

 

ちょっと芋が苦手な人は水割りにして飲むと、ほんとにスルッと入ってくる優しい芋焼酎

 

 

 

僕は、最初は濃い芋の甘みとアルコールの刺激を楽しんで、後半は氷が溶けてよりやさしい飲み口に変わる、二度楽しめる飲み方でロックがお気に入りです♪

 

霧島シリーズの

黒・白・赤に比べると一番芋の甘みが強く感じることが出来るのが、茜霧島の良さですね!

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【大人気商品】 霧島酒造 茜霧島 900ml
価格:1269円(税込、送料別) (2017/6/29時点)


 

 

今の時期(6月現在)はスーパーでも売ってますので是非一度ご賞味あれ!

 

他の霧島シリーズも随時レビューしていきます(笑

 

 


 

 

あぁ呑みたい♪