ちょっとだけ役に立つことを♪

三田大好きYUKIが身体の事や、趣味のことでちょっと役に立つ話を発信しています!!

Body Lab勉強会へ!

 

こんばんは!

 

大分寒くなってきましたが、皆さんは体調の方が大丈夫ですか??

 

 

最近、眠りが浅い日が続いてました。

ダメだとわかっていながらの「寝る前のスマフォ」をついつい続けてたのですが、さすがにこれはあかんと思い、やめてみたらスッキリ寝れました!

 

やっぱり身体にとって良くない事をやめるのってムズカシイですが、効果は抜群ですね!

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日の話は、土曜日の仕事の後の事!

 

毎月第一週の土曜日に先輩方とBody Labという名前で、異業種勉強会をしているのですが、先日は専門学校時代の恩師である、松本先生による特別セミナーを開催していただきました。

 

(異業種といっても、AT、鍼灸師、柔整師、学生さんなど、治療業界の人です)

 

約10年ぶりに先生の講義を聞いて、学生時代を思い出しました!

 

あの頃もっとまじめに勉強してたらよかったのにな~という、鉄板の感想です。

 

こうやって今でも何かの縁があって、教えてもらうことが出来たり、ほかの治療家の先生と交流できる機会があるのは、ありがたい事です。

 

f:id:T_yuki:20171108162309j:plain

オリックスブルーウェーブのチーフトレーナーだった松本先生は現在、明治国際医療大学で教授として、スポーツに関わる人達の育成を進めているそうです。

 

今回は足底から見る身体のメカニズムについて講義していただきました。

 

f:id:T_yuki:20171108162322j:plain

さまざまな姿勢の問題や、症状の問題まで関係が深いことが、改めてよくわかる講義で有意義な時間でした!

 

早速月曜日に来られた患者さんで実践する機会がありました!

 

よく「自分が勉強したことを必要とする人が、来院するものや」と言われますが、まさにそんな感じでした!

f:id:T_yuki:20171108164707p:plain

これからもしっかり勉強し学んだことを、出来るだけ多くの患者さんに還元していきたいと思います!

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

僕の想い!(治療家の人向き)

f:id:T_yuki:20170825124743j:plain

 

こんばんは~!

 

 

柔道整復師YUKIです!

 

 

ちょっと僕が考えてることを聞いてください~!

 

 

やりたいこと!

 

・自分の治療所で、三田市とその周辺地域の健康寿命を10年伸ばす!

 

 

その為に・・・

 

 

一人一人に身体の簡単な仕組みを知ってもらう!興味を持ってもらう!

 

分子栄養学、正常分子栄養学などの視点から、日々の食生活の見直しのきっかけづくり!

 

身体の不調や病気は、すべて自分がやってきた今までの日常生活習慣が原因となることを、知ってもらう!

 

自分の身体は誰も守ってくれない!自分で知って、ダメなことは認めて、行動を変えることが出来ると、人は良くなることを知ってもらう!

 

自立!!

 

それだけでも絶対身体は良い方向に向いていく!

 

そこに僕は治療という形で携わっていき、サポートする!

 

僕は、人を治すのではなく、治る方向へ導く縁の下の力持ちであるという、考えを絶対に忘れない!!

 

 

こんなことを考えてます!

 

 

治療家の先生、整体の先生、整骨院の先生

 

治療に携わる先生と情報交換がしたいです!

 

僕は三田で活動してますが、遠方の方でもいいですし、地元三田で活動してらっしゃる治療家さん!!

 

ぜひお話しましょう!お互いに熱い話が出来たらうれしいです!

 

そしてゆくゆくは、健康寿命を10年伸ばす為に協力しあって、この輪を広げていきたいと思います!!

 

 

っというまとまりの無いブログになってしまいましたが、興味持ってくれたらうれしいです!

 

アメリカ産牛肉の豆知識

f:id:T_yuki:20171023155342p:plain

こんにちは!YUKIです!

 

皆様の家は台風の影響大丈夫でしたか??

 

家の実家はハウスが飛ばされ、倉庫が崩れて、大きな杉の木が倒れたりと結構被害が出たみたいで、これから片付けしようと思います。

 

幸いにも怪我した人は居ないみたいでよかったです!

 

台風の前日に後輩のお家でBBQに参加させてもらいました!

 

いつも行くお肉屋さんのお肉で美味しくいただけました♪

 

すっかり秋ですがBBQはいつやっても楽しいですね!

 

ということで、今日は「お肉の話」を!

 

牛肉の産地は気にした事ありますか??

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

アメリカ産牛肉についての情報を読んでみてください。

 

2009年に開催された日本癌治療学会学術集会で、半田康・藤田博正らの研究による「牛肉中のエストロゲン濃度とホルモン依存性がん発生増加の関連」という発表があった。

これは、日本において「乳がん前立腺がんといったホルモン性依存がん」が増加している状況を、米国産牛肉に残留する肥育ホルモンと関連があるのではないかという観点から、国内で流通する米国産牛肉と国産牛肉の飼育ホ飼育肥育ルモン残留濃度を計測したものである。

その結果、なんと赤身肉部分で米国産牛肉は国産牛肉の600倍、脂肪においては140倍ものホルモン残留が検出されたという。この研究結果はヨーロッパの学術学会でもレターの形で紹介されたそうで、国内外で少なからず反響を呼んだといえる。

このように、畜産・食肉販売の現場や医学界でも、牛肉への肥育ホルモン使用は問題視されてきた経緯があるにも関わらず、日本でそれほどこの問題が持続的に議論されている気配がないのは不思議だ。考えようによってはBSE問題よりもよっぽど悪い当たりくじを引いてしまう確率が高いようにも思えるのだが……。

米国産牛肉を食べる機会は今後増える

最後に、肥育ホルモンについて筆者がどのように考えているか述べたい。

基本的に私は、肥育ホルモンを使用した畜産物を食べたいとは思わない。理由は「気持ち悪いから」である。科学的にリスク評価をして、安全性が確認されているといったところで、それはあくまで「適正な分量を投与しているなら」という前提があっての話である。そして現場では常に間違いのリスクがあり、また故意に間違うというリスクも存在している。

だいたい、BSE問題以降、米国は何度も危険部位をつけたままの肉を日本に輸出しようとし、水際で発見されている。米国は約束したことを守ることができない国だと考えたほうがいいのである。そして現に米国国内で飼育ホルモン問題を気にする人達が一定数いて、オーガニック製品が売れているということを耳にする限り、やはり肥育ホルモンの人体への悪影響は起こりうる問題として考えるべきと思う。

日本ではこれから、米国産牛肉の食事機会が増えていくのではないかという懸念がある。そこに、より貿易の自由度を上げるTPP(環太平洋パートナーシップ)の話がプラスされるので、懸念はますます深まっていくのである。

この肥育ホルモン問題は、単発的に記事が出たり、報道されることはあるけれども、日本国内で一般消費者がよく知るところとはなっていない。ほどよい情報統制がなされているのか、限定的な層のみが着目している状況が続いているようだ。私はもっとこの問題を大きく取り上げて、対米貿易戦略の中でうまく利用していけばいいのに、と思っている。

東洋経済から引用

 

 

アメリカ産牛肉は、早く出荷できるように「肥育ホルモン」という、日本国内やヨーロッパでは原則しよう禁止にしている、成長促進ホルモンを投与しているというもの。

 

このホルモン剤は、国産牛の場合使用はしていないですが、アメリカ産の牛肉の場合約9割が使用している。

 

そしてホルモン剤を使用した食肉の流通に関して、日本政府は禁止していないのでほぼアメリカ産牛肉は残留ホルモン剤の健康への影響を考えなければならない。

 

具体的には、乳がん前立腺がんと記事には書いてますが、さらに成長を促進するという意味では、子供の初潮が早く来る、成長が速いということは老化も速い、残留ホルモン剤の解毒の為、内臓疲労の原因となる。

 

ということが考えれられます。

 

アメリカでは少し高い値段のホルモン剤未使用の、食肉を買う人が増えている。

しかも街のスーパーのレベルでそのような肉売り場が別に存在するとのこと。

 

アメリカでも、ホルモン剤使用の牛肉を敬遠する風潮があるのに、日本はあまりそのような話を聞くことはありません。

 

これは国家間の貿易の話が絡んでくるので、あまり言えることは無いですが、消費者としてリスクを知っておくのは重要なのではないでしょうか?

 

だからといって肉を食べたらダメ!!

 

と言う事では無いのですよ!

 

身体を作る材料になるたんぱく質なのでとても大切です!

 

その「質」をかんがえてみませんか?

 

ということです!

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

背骨がゆがむメカニズム

 

f:id:T_yuki:20171013185029p:plain

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは!YUKIです♪

 

昔から肩こりや腰痛、背中痛、ひざ痛の原因は身体のゆがみです!

というフレーズよく聞きませんか?

 

身体のゆがみ=背骨の並びのゆがみ=バランス悪い=負担が痛んでるところにかかり続ける

痛い!!

 

ってことですね!

 

じゃあなんで背骨がゆがむの??

 

姿勢が悪いから

仕事の体勢が悪いから

昔から猫背やから

 

って言いますが、実はそれだけじゃないんです!

 

ずばり「内臓の位置がずれることが背骨のゆがみ」の正体なんです!

 

内臓が疲労する=重くなり位置が下がる=下がった側に身体は引っ張られる=それを補正する為に筋肉が反対に引っ張る

ゆがみが完成!!

 

というメカニズムがあります

 

なのでボキボキ矯正したり、筋肉を触って緩めてバランスとったりすることもいい方法ですが、それでもすぐゆがむ!

治らない!

 

って人は、内臓の位置がずれてしまってる可能性が高いです!

 

なのでいろんな所で治療して治らないという悩みの人に対して、治療家の僕は、内臓矯正治療を行います!

 

やり方は優しく手を当てて、リラックスできる刺激を加えるような感じです!

決して強い力でグイグイしたりしません。

ほんとにこれで変わるの??

 

って人が多いですが

 

しっかり変わります(笑

 

なので患者さんが来てくれてます(笑

 

うちに来てくれる患者さんはみんな、健康になって生活を豊かにする!!

という前向きな気持ちで来てくれるので楽しいです♪

 

患者さんが良くなるのをみれるって幸せなんです♪

 

 

そんな内臓矯正治療を三田市唯一専門で行う治療家YUKIでした!

 

 

三田で初の治療なのでまだまだ認知されてないですが、かならず力になれると確信しております!

興味のある方は連絡おまちしております。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

写真好きな高校生と出会いました♪

f:id:T_yuki:20170926084928j:plain

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!

 

写真が好きなYukiです!

 

先日の仕事終わりの夜に、夜景を撮りに行ってきました!

 

上の写真は家に置いてあったアロマキャンドルのスタンド?ですが綺麗だったのでフレームイン♪

大分慣れたのですが、写真撮ってる時に通行人の人の目が結構気になるものなんです。

 

昔、写真興味が無かった頃に近くのダムで野鳥を取る為にでっかいバズーカみたいなレンズを、三脚に据えてクルマが走る道路を占拠してる人達を見て

 

邪魔やな~って思ってたので、出来るだけ通行する人の邪魔にならないように心がけております

 

そんな感じで歩道の端っこで撮影してたら、自転車に乗った男の子がおもむろに近づいてきて、なんか言われるのかな・・・

 

って思ってたら

 

「何狙ってるんですか??」

 

って声かけてくれたのでそこから結構お話しました!

 

なにやら地元の高校生らしくて、とても写真が好き

同級生に写真に興味ある子は居なくて寂しいと

お年玉を貯めて、CANNONのKISSを買ったとの事

 

高校生でお年玉貯めて一眼レフ買うとはスゴイ子やなぁ~って感動!!

 

f:id:T_yuki:20170828172603j:plain

色々と、絞りの事やマニュアルモードを使いこなせないからどうしたらいいか?三脚はどんなのがいいの??などなど

 

質問してくれるので、出来るだけ丁寧に答えていったつもりでしたが上手く伝わったかな?

自分もカメラ始めた頃は今よりも全然絞りとかシャッター速度とか露出とか意味わからんかったので、教えてくれる人にはホントに助けられました!

なので自分も出来るだけこれから始める人には上手く説明したいなって思ってます!

 

自分はまだまだなので人に教えれるレベルかと言えばそんなことないけど、何事もその道のプロっていると思うので、上手な人の話や、物知りな人のアドバイスは素直に聞いた方が上手くいくことが多いかな?って思います。

もちろんちゃんと自分の中で消化して納得してと言うのが大切ですが、あまり自分の考えだけで凝り固まらないように!!

 

って思いました!

 

またどっかで出会えたらうれしいです!

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

家呑みを充実させたい僕が教えてもらった、ほんまに簡単なローストビーフの作り方!!

このエントリーをはてなブックマークに追加

f:id:T_yuki:20170912170515p:plain

お酒大好き!こんばんはYukiです!

お店で飲むのも好きですし気軽に家で飲むのも大好きなので、家呑みを充実させたいと思ってた時にふと目にとまった

 

ローストビーフ!!

 

オシャレなローストビーフを自分で作れて食べれたらメッチャええやん!!

 

ってことで一度作ってみたら大失敗(笑

 

その失敗を踏まえたうえで、今回とある料理の大先輩に伝授してもらった方法をご紹介します

 

しかもこの方法はチョーめんどくさがりの僕でもラクラク出来たので

 

オススメ度MAXです!

 

家呑みのおつまみを増やしたい人!ぜひやってみてください!

目次

 

用意するもの

今回の作り方はとにかく楽して作る方法なので、用意するものだけはちゃんと用意しときましょう

 

牛のかたまり肉(スーパーで安売りのやつでもイケました)

塩・ブラックペッパー(お好みでバジルやガーリックロースト)

ボールに氷水を入れておく

フライパンとお皿

ラップ

キッチンペーパー

 

以上となります!氷水ってのが僕もビックリなんですがミソですね!

手順とコツ

まず初めにかたまり肉を冷蔵庫から取り出して常温に戻しておく

(約30分くらい)

この時に塩コショウを両面にすりこんでおくと、時短になります

塩コショウは多めにしててちょうどくらいです

 

f:id:T_yuki:20170913092610j:plain

 

ある程度常温に戻ったら、フライパンを温めて肉の全面を焼いていきます

ここで中に火を通す必要は無いので、焼き目を付けておくくらいで大丈夫です

(約5分くらい)

 

f:id:T_yuki:20170913092703j:plain

 

焼き目がついたら用意しておいた氷水をはったボールの中にお肉をそのまま入れます!

 

別にラップする必要もないです

 

そのまま入れちゃいます!

 

氷水に入れることで肉の表面が引き締まり、うまみを中に閉じ込めることが出来ます

(約15分くらい)

 

表面を触ってみて粗熱が取れたら、水気をキッチンペーパーでふき取りラップに包んで、冷蔵庫で一晩寝かせます

 

f:id:T_yuki:20170913092750j:plain

 

後は薄く切って完成です♪

切った直後は少し茶色ですが、3分くらいで綺麗な赤色になります!

肉のうまみがしっかりあり、ジューシーでとても食べ応えのあるローストビーフになりますよ!

 

まとめ

氷水に入れるのがミソでグッと冷やすことでうまみが逃げないです!

人によってはローストビーフと言うよりも

牛肉のタタキみたいに思うこともありますので

ちょっと気になる人は表面の焼き色付けた段階で

アルミホイルで包んで火を切った後

フライパンに入れて蓋をして余熱で少し日を通すのもいいです!

 

ここは好みになりますが、僕はすぐに氷水に入れる方が、とってもジューシーで買ってきたローストビーフの様な

パサパサ感が無いので好きです!

 

案外簡単に出来るのでぜひやってみてくださいね!

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

  

今、僕がやってることを語る

f:id:T_yuki:20170831175235j:plain

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

最近いろんな人に

「どんなことやってるん??」

って聞かれることが増えました(笑

 

 

この言葉が出る前の一連のやり取りが

 

Aさん「仕事なにしてるんですか?」

僕「整骨院で先生してますよ~」

 

Aさん「あっそうなんですね~そしたらマッサージとかで揉んでくれるんですね」

僕「いえいえマッサージとかは全くしてないですよ」

 

Aさん「えっ?!じゃあ何してるんですか?」

僕「そうですね・・・回復力を上げる治療をしてます」

 

Aさん「・・・??へぇ~そうなんですね~どんなことするんですか?」

僕「頭触って循環整えたり、内臓の位置を矯正したりするんです」

 

Aさん「・・・??そんなことできるんですか?」

(かなり怪しい・・・)って思ってるのが表情でこっちに伝わってきます

 

この辺のやりとりであかんと思ってますがあんまり興味無さそうな人には止めとく感じです

 

このままでは怪しすぎますね(笑

 

ちゃんと説明できるようになります!

僕は、柔道整復師という資格を持って、整骨院で手技療法や矯正、ストレッチなどをやってました

 

その場では気持ちよかったとか楽になったといわれても、ずっと同じような症状を繰り返す人がかなり多くて悩みました

単純に腕が無かったとおもうし、足りてないことだらけでした

 

しかしやっぱりちゃんと治るようになるためにはこれではイカンと思ってた時に

 

ラニアル(頭蓋骨調整)内臓矯正

 

という今僕がやっている治療に出会いました

難しいし聞きなれない言葉なので説明しますね

 

 

ラニアル(頭蓋骨調整)とは?

 

人間の頭は骨盤一緒にわずかに膨らんだりしぼんだりする動きがあって

その動きで脳の周りから全身の神経に向かって水を流すことによって

循環と自律神経のバランスをとってます

その動きが悪くなることによって内臓の働きが低下したり、循環が悪くなり回復力が落ちるので、頭蓋骨の動きを矯正する治療です

 

内臓矯正とは?

 

内臓は食べ物、感情、お薬、気候の影響を受けて日々しらないうちに疲れてます

疲労した臓器は循環が悪くなって重くなり、本来の位置よりずれてしまい

上手く働けなくなって回復力が低下してしまいます

そこでお腹を触って皮膚刺激の信号を利用して、内臓の位置を調整する矯正です

 

 

という技術です

この治療を根底に置いて施術するようになってから一気にこの仕事がもっと大好きになりました!

f:id:T_yuki:20170825124743j:plain

マッサージを受けても治らなかった症状

いままで病院に行ってダメだった症状

整形で痛み止め打ってもらってもダメだった足のしびれ

頭がなんかもやーとしててふらつく

運転が怖い

パニック障害

色んな整骨院行っても改善しなかった腰痛

急に伸びなくなった原因不明の膝

 

など以前の僕やったら

(えらいこっちゃどうしたらええやろか・・・)

 

って頭を抱えて困ってたであろう症状に

自信をもって向き合えるようになりました

 

 

さらに痛みを取る治療では無くて

痛みをださなくて済む身体に導いていく方法なので

健康な身体、日々のメンテナンスも出来るようになり

 

今は、さらに身体の事について深く勉強しながら、地域の健康寿命を延ばすことを目標に僕は仕事してます!!

 

ってな具合でございます!

 

ふむ~やっぱり難しい気がしますね(#^.^#) 

このエントリーをはてなブックマークに追加