ちょっとだけ役に立つことを♪

三田大好きYUKIが身体の事や、趣味のことでちょっと役に立つ話を発信しています!!

頑張ってるあなたに伝えたい!いい加減に生きよう!


f:id:T_yuki:20170628003201j:image

綺麗な夕焼け大好きなyukiです!

 

なんか漠然と世の中生きにくいなぁ~

 

と思う時が特に17歳の時と23歳の頃ありました。

 

その時の自分の気持ちと、その経験を経て今、生きるのがしんどいと思うあなたに伝えたいことを

 

17歳で思ってたこと

僕が17歳の時、野球部を引退していよいよ進路を決めないといけない時期になった頃です。

周りの友達はどんどん自分のやりたいことを見つけて、進路を決めていく中で自分は特に「これ」と言ったやりたいことが見つからず、なにか白く濃い霧の中をさまよう感じになってました。

 

どこを向いて歩けばいいかわからないし、どこを目指したらいいのかもわからない。

一歩踏み出す勇気もないのに、現状のままだとダメ。

それは分かってる!

でもどうしていいかわからない!

 

見つける勇気もない。。。

ずっとこんな風なことを想い、どんどん自分はダメな人間なんだと、自分の存在を否定してしんどくなっていきました。

 

この時の僕は、プロ野球ニュース吉本新喜劇を見てる時だけが、漠然とした不安から逃れることが出来た唯一の時間でした。

もうとにかく不安しかなかったです。

 

一生この不安が続くんだと思ってました。

 

 

f:id:T_yuki:20170703182309j:plain

 

23歳の時に失った生きがい

17歳の時に思った「漠然とした不安」の恐さ。

 

その後、無事に専門学校へ進学し資格も取得してそれなりに生きてたのですが、クルマにハマりました。

 

雑誌で見た大好きなクルマをいつも想像しながらバイトと学校に明け暮れる日々。

貯金する為に、専門学校時代は自由に使うお金は月に1万円!

後はすべて貯金にまわして、やっとの思いで在学中の21歳で買ったクルマ。

 

そのまま就職して社会人になって、給料の9割をつぎ込むようなハマり具合!

 

それだけ大事にしてたクルマを事故で失った時に、ぽっかり心の中に穴が開いた状態に

 

ずっと仕事やプライベートのモチベーションになってたものをふと失うと、人間無気力になるもんですね

 

やる気が出ない訳じゃないし、嫌なことがあるわけでもないのに

 

何事にも全然身が入らない・・・

 

心の底から楽しめてない・・・

 

そんな日々を過ごすことになりました。

 

 

結局大事なことは「いい加減」

僕の中で

 

漠然とした不安におびえた経験

 

モチベーションを失って無気力になった経験

 

その状態から抜け出せたのは、「いい加減に生きる」これに尽きると思いました。

 

漠然とした不安の時

 

どうしたら一番いい選択なのか?

何が正解なのか?

どう生きていくのが正しい生き方なのか?

 

 

無気力になってた時

 

なんの為に生きてるのやろ?

これから何を目標に生きたらいいやろ?

なんて楽しくない人生が続くんやろ?

 

 

結局しんどい時って、ちょっとでも気が楽になる様に

 

「ありもしない最善の答え」

 

が欲しくなり、出来るだけ傷つきたくないし

失敗したくないから、どんどん臆病になって完璧を求めてもっとしんどくなって・・・

 

というスパイラル

 

だからこそ「適当に」「いい加減」に生きるようにして

 

100点を求めず

 

60点くらいを目指して、60点くらいでちょっと気持ちが楽になったタイミングで70点を目指して、気持ちのコントロールを出来ればいいんじゃないかな?

 

それくらいに思っていい加減に生きたら、100点に比べたら間違いも多いけどその分、改善できるポイントあるし

 

1問も間違えれない100点より、10問くらい間違えてもいい60点の方が心の凹み具合が軽くなると思いませんか?

 

その方が1問間違ってドカ~ンって凹むより、切り替えも早く出来そうだしまた頑張ろうって思える気がしません?

 

f:id:T_yuki:20170703182402j:plain

 

「頑張るのが悪い事では無いと思う」

 

悩んでる人、頑張りすぎな人、人の事をよく考えられる人

 

頑張りすぎてるからあかんねんで!!って言ったりするけど

 

たくさん人の為に頑張って、もっと良くなる為に頑張ってって人の身体が、ちょっと休憩しない??ってなってる時が心がしんどくて不安になってる時かも?

 

頑張るのをやめちゃうと人の成長って、歩みを止めると下り坂を転がり落ちていくって言葉がある通り「後退」していくものだと思います。

 

実際僕はずっとゆっくりでも歩き、時々止まってまた歩いて

 

の繰り返しです。

 

そうしてちょっとずつ今まで見れなかったものを見れるようになって

 

やっぱり出来ない事を出来るようになるためには、やっぱり思いっきり頑張ってます(笑

 

だから頑張るのが悪いってことは無いと思ってます。

 

 

止まって動けなくなるくらい限界まで頑張り続けるのは、やめといた方がいい!!って言いたいです。

 

 そこの見極めが上手く出来ない

って悩むこともあるけど、そう思ってる時点でちょっと身体とか心は休憩しない?って思ってるはず

 

立ち止まることは、悪い事じゃないです!

 

たまに止まって、また歩き出して

 

常に100点を目指さず

 

60点くらいの「いい加減に生きよう!」

 

 

それが、毎日いろんな患者さんと話したり、いろいろなセミナーや遊びの場で経験させてもらって今のところ思うことです!

 

そして身体がしんどい、痛い、病気がち、って人はみんな本当に頑張りまくってると思います。

 

いつも患者さんの努力には、年齢問わず頭の下がる思いです。

 

なので僕は施術の時、患者さんみんな頑張ってるのが当たり前。

 

ちょっと止まっていいと思うし、頑張り方の方向がちょっと違ってしんどかったらそこを少し変えてみようかな?

 

って思えるきっかけになればと思ってます。

 

やっぱり最終的には、なんでも自分で決まることがほとんどです

 

今の体調も気持ちも地位も名誉もお金も

 

過去の自分の行いの結果の「今」だということ

 

「今」の自分に不具合があるなら少し頑張り方を変えたり休憩して軌道修正!

 

そして未来の自分が「今」いい感じで生きてる気がする♪って思える、身体と心へ変えていけるお手伝いが僕の仕事です!

 

柔道整復師という国家資格持ってますが、ある意味やってることはモミモミする整体師でもないし自分の仕事ってなんやろか??って

 

「日常生活アドバイザー」かな?

 

話が少し逸れちゃいましたが、ちょっとでも心が疲れ気味で生きにくいって思う人の心に届くものがあればいいなと思ってます!

 

f:id:T_yuki:20170703182511j:plain

 

 太陽は晴れの日は見てくれてます♪